ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ(お祝いスタンド装花)

f0049672_13464543.jpg
開店のお祝いスタンド花こそ季節感を大事にしたいと思います。
そしてスタンド花なら数多く届くと思われる花の中でも目立つ花材、大ぶりの装花。
花屋になって過去数え切れないほどのスタンド装花を作ってまいりましたが、
見栄えのする花材といえば百合のカサブランカだと思います。
そして、アレンジメントの大きさを出せる枝もの。
きれいなバラなど遠くから見ると‘点’にみえてしまいますね。残念ながら。
今回は鈴バラとビバーナム・コンパクタの赤い実、シンフォリカルフォスの白い実、
大輪白バラのアバランチェとオレンジ色のエキサイティング、オレンジブラウン色のカラー、
そして、紅葉の始まったばかりの木苺の枝で
「紅白」をテーマに作らせていただきました。
# by oakleaf_kyodo | 2006-09-21 13:31 | アレンジメント | Trackback | Comments(3)

オークリーフ(秋の実物)


こちらは先日緑色で仕入れたからすうりです。
だいぶ色づいてきました。
雑木林かなんかでこの実が木にからみついたりしたら・・・
なんともいえずきれいなのでしょうね。
f0049672_13573662.jpg



鈴バラです。鈴バラの花は見た事がないのですがどんなバラの花なのでしょうね・・・。
f0049672_13574649.jpg



イタリアンベリーです。この実は輸入されてくるので、日本ではあまり馴染みがありませんよね。
しかし、イタリアン・・・というくらいですからイタリアの原産なのでしょうねきっと。
ブドウ畑にこの実も植えたら素敵ですね。
秋。ぶどう棚の下で結婚式・・・なんて。
f0049672_13591565.jpg


秋の実物。その実がなっているところを想像するだけでもストーリーが生まれそうです。
# by oakleaf_kyodo | 2006-09-20 14:14 | お店の花 | Trackback | Comments(2)

オークリーフ(コスモスの思い出)

f0049672_14195550.jpg

秋といえばコスモスの花。
小さい頃住んでいた家の庭に毎年足の踏み場も無いくらいたくさんの背の高いコスモスが咲いていました。
この花もまた郷愁を誘う花。
店頭にあるコスモスの鉢にレンズを向けたらモイスチャーな空気にくもった感じがよかったので
さっそくアップしました・・・。
# by oakleaf_kyodo | 2006-09-18 14:27 | my favorite | Trackback | Comments(2)

オークリーフ(美しすぎるバラ・アンブリッジローズ)

f0049672_11401484.jpg
バラの中でも気軽に飾れる普段使いのバラもあれば
特別なプレゼントのときに必要になるバラまでいろいろですよね。
イングリッシュローズに属するこのアンブリッジローズは杏色のカップ咲きで
ミルラの香り・・・なんともいえない雰囲気をもつ美しいバラです。
この花を花屋が使うのもおこがましいくらいのオーラを放っています。
まだ夏のバラですこし小ぶりでどうかな?と思っていたのですが
開き始めるとやはり美しさは格別です。
今回は「(誰が見ても)ロマンティックに」というお題の撮影のため
この花の力を借りようと仕入れたのですが
見ているだけで超ロマンティックになれるバラというのも
そうはないですよね。

過去にこのバラを使ったのはウェディングブーケと森英恵さんへ贈る花束にだけ。
私にはまだまだそう使ってはいけない、位の高いバラのひとつです。
花のちからを借りたい・・そんなときに助けてもらう花ですかね。

こちらは二年前に作らせていただいた、森英恵さんに贈る花束
すこし遅い秋の日だったと思います。
f0049672_1133369.jpg

# by oakleaf_kyodo | 2006-09-17 11:43 | 花束 | Trackback | Comments(6)

オークリーフ(敬老の日のアレンジメント)


18日は敬老の日ですね。
敬老の日といえばリンドウやコスモス、百合など贈ることが多くそれも秋らしくて素敵なのですが、オークリーフでは最近お店でおすすめしている鈴野農園さんのバラと
吾亦紅や鈴バラの実などあしらって明るくまとめてみました。

f0049672_12451232.jpg


使っているバラはマラケッシュ、テラノストラ、ニューヨークです。
その他の花材はナデシコ、木苺の葉、ヒペリカム、ワックスフラワーなどです。

f0049672_12453167.jpg


アレンジメントにも使わせていただいたマラケッシュは
満開になるとこんな素敵な色になりますよ。

f0049672_12454255.jpg

# by oakleaf_kyodo | 2006-09-16 12:50 | アレンジメント | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(バラ・オールドファンタジーのアレンジメント)

f0049672_8333976.jpg

このころんと丸いピンク色のバラはオールドファンジーです。
お見舞いで、やさしい癒されるような感じの花を・・とのオーダーが入るとつい頼りにしてしまう存在で、この季節ならやっぱりシンフォリカルフォスと合わせることが多いかもしれません。
やさしいピンク色、まあるい形のもの・・・・
気分が沈んだときはほんのすこしだけ助けてくれますよね。

他にバラ・アールグレイ、セルリア、利休草、丸葉ユーカリ
# by oakleaf_kyodo | 2006-09-15 08:40 | アレンジメント | Trackback | Comments(4)

オークリーフ花の教室(小井土さんの作品)

早速!マラケッシュを使ったお教室です。
たまたま仕入れていた万作の葉もフリルが入っていてバラと相性がいいですね。
小井土さんはまずシンフォリカルフォスの白い実の枝を縦にすっと挿して
アレンジされていったのですが、こうしてみるとマラケッシュが和の趣になりますね。
万作はこれから日々色づいてきますから、お部屋で秋を感じられるアレンジメントですね。

f0049672_1248264.jpg

# by oakleaf_kyodo | 2006-09-14 12:59 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(うつぼだらけ、うりだらけ)

またまた子供の絵の話になりますが・・・
(子供達の描く絵が大好きです)
保育園で一年間に子供が描いた絵をまとめておいて、
先生お手製の紙袋に入れ、毎年年度末にそれぞれ配ってくださるのですが
その中に入っていたうちの衝撃の3枚です。
衝撃というのはそのタイトルなのですが。。。


題して「うつぼ1」
f0049672_1116916.jpg

題して「うつぼ2」
f0049672_11161952.jpg

題して「うつぼだらけ」
f0049672_11163015.jpg


色合いがとても気に入ったので額に入れて飾ろうと思います。
子供の絵って発想が楽しいですよね!
この頃たしか水族館の大きな大きなうつぼを見て好きなお魚ナンバー1だったことを
思い出しました。

f0049672_11164083.jpg

こちらは今日の収穫「からすうりだらけ」
# by oakleaf_kyodo | 2006-09-13 11:38 | my favorite | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(鈴野農園さんのバラ・マラケッシュ)

これは鈴野農園さんの新種のバラでマラケッシュです。
色とウェーブがかった花びらに惹かれてみてみると
厚みのあるしっかりとした花弁で花もちも良さそうだし
きれいに開きそう・・・
何しろ名前がいいですね!重要です。
マラケッシュといえばモロッコにある赤い土壁の建物の美しい都市ですよね?
その土壁の色をイメージさせるなんて。
花色を見ているだけでまだ訪れたこともないその都市を思い描けるなんて・・
は~・・ため息が出ますね。

f0049672_11482239.jpg

私は鈴野さんの作るバラのファンで、
大概のものは定期的に仕入れています。
先週みかけた朱赤バラ・テラノストラも開くと絵画的で美しいバラでした。
ただ赤色はデジカメではうまく撮れないのが残念なのですが・・・

マラケッシュは素敵なバラだけれどどこか素朴なかんじがありますね。
秋だから、烏瓜など実のものと吾亦紅を入れてアレンジしてみました。
f0049672_11483011.jpg

これからもっといろんな花合わせのイメージを広げていけるバラだな・・と思います。

そのテラノストラが数輪残っていて再度写して見たら、
今日のこのどんよりした空がちょうどよかったのかうまく写せたので
アップしました。
f0049672_1232967.jpg






# by oakleaf_kyodo | 2006-09-12 12:17 | アレンジメント | Trackback | Comments(2)

オークリーフ花の教室(そまきさん(上)と落合さん(下)の作品

週末のお教室です。
キャラメルアンティークと秋色紫陽花を使ってお二人少しイメージを変えたレッスンです。
そまきさんは紫陽花の青に合わせてキャラメルアンティークの中でもややオレンジがかった色のもの選びグリーンをブルーグレイのユーカリに。青とオレンジは反対色にあたるので互いにひき合います。・・・・上へ伸びるようにすっきり入れたユーカリが全体に動きを与え、アレンジのポイントとなっていますね。
f0049672_8292341.jpg


落合さんは赤く色づいた緑色の紫陽花に合わせ茎が赤らんだ木苺を。
ぱっと元気の出るような葉の入れ方でキャラメルアンティークを明るく引き立てていますね。
見ていて快いアレンジメントです。
f0049672_8293185.jpg


同じ日に作った花束です。
小さくて元気があってかわいらしい女性に!とのオーダーでした。
f0049672_8302448.jpg


          合わせる花材によってさまざまな顔を見せてくれるバラですね。
# by oakleaf_kyodo | 2006-09-11 08:53 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)