ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ(秋のフランス刺繍展のアレンジメント)

f0049672_8575610.jpg

今朝作ったアレンジメントです。
昨日の午後突然入った急なオーダーでしたが
たまたま市川バラ園さんの新種?のまだ名前の付いていない?ローズピンク色のバラを
仕入れていて、なんとなくパリを思い浮かべながらアレンジしました。
もう何年も前のことですがたった一度だけ、ほんの数日間だけパリにいったことがあり、
朝から晩まで花屋めぐりに明け暮れたのですが、
街路樹の下にこの紺色に光るビバーナムティヌスが植えてあったのが印象的で
フランスの・・・と言えばどうしてもこの実をすこし加えたくなるのです。
どんな花よりこの実を見るとパリを思い出します。
夜、タクシーでエッフェル塔の下を潜り抜け、その鉄の繊細な芸術に思わず
涙が出そうになって、必死にこらえたことも
日本に帰るとき空港で空いっぱいのきれいな虹を見れたことも忘れられないパリの思い出です。
は~・・また行きたいな。いつの日か。

花材はほかに、バラ・フレッシュパール、紅葉かしわ、紅葉ヒペリカム、秋紫陽花、シンフォリカルフォスです。
白いほっこりとした咲き方のバラを5本入れたのは、
おしゃべりな女友達5人から・・・ということでしたので。
# by oakleaf_kyodo | 2006-10-26 09:20 | アレンジメント | Trackback | Comments(2)

オークリーフ(食べられません。パープルクランベリー)

こちらは冬中咲く花、ウィンターコスモス。
パンジーさえなかなか咲かない冬の季節の強い見方!
まぶしいほどの黄色でガーデンを明るくしてくれます。
ちなみにパンジーは11月から12月が植え時ですね。冬は寒くてちらほらしか咲きませんが
寒さにあててしっかりと根をはり、春先からこぼれるように咲いてくれます。
植えておいて、気長に春を待ちましょう。
f0049672_12215525.jpg


姫りんごです。こんなに小さいのにたくさん実が付いてますね。
近所に植えてありますが、春に真っ白いかわいいりんごの花が咲き、
今丁度実が付いてきています。庭で生ったらかわいいですよね。
f0049672_12222837.jpg


これはパープルクランベリー。実は食べられませんが紫色の花が咲いて実が付く植物です
冬は凍らさない程度、夏は日陰で涼しく過ごせばちゃんと越すみたいですよ。
なんともいえない素敵な実ですね。(あ、、だれも食べようだなんて思いませんよね・・)
f0049672_12223843.jpg


久々に仕入れました。冬でも元気なローズマリー。私はこの香りが大好きです。
はらわたを取ったお魚を塩焼きするときこれをすこし詰めておくとまるでイタリアン!
焼いたらオリーブオイルをたっぷりかけるとなおさらおいしいです。
f0049672_12224722.jpg


ウィンターコスモスは切り花でも出荷されるようになって、
これは先日つくった小さめのアレンジメントです。
「黄色い色が好きなお兄さんのお見舞いに。妹さんから。」
f0049672_12225676.jpg

# by oakleaf_kyodo | 2006-10-25 12:44 | お店の花 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(嬉しい心遣い)

今日はもうひとつブログっぽい話題を・・・。
この3日くらいの間の出来事。
高価なプレゼントもそれは(もらったら)嬉しいでしょうけど
ちょっとした心遣い、これはほんとうに幸せな気持ちにさせてくれますよね。

週末。先日ブーケを作らせていただいたお客様がお礼にと
手作りのクッキーを・・・。
もう数ヶ月で生まれくる赤ちゃんがいるお客様ならではの
かわいいかたちのクッキー。
f0049672_14263432.jpg


雑誌の切抜きを葉書にして送ってくださったお便り。
黒トリュフを探すため、オークの葉の下を掘る豚と犬のおしゃれな絵。
f0049672_14264385.jpg


季節外れのシロツメクサが咲いているのを見つけた息子。
「おかあさんのお店にかざってね。」振り向くとこうしてその花を手に一輪持ち歩いているので
嬉しさのあまりその場でパチリと・・・。
f0049672_14265620.jpg

やった方は何気ないことでも
受け取る方はじーんと温かな気持ちになりますよね。
# by oakleaf_kyodo | 2006-10-24 14:46 | my favorite | Trackback | Comments(2)

オークリーフ花の教室(望月さんの作品)

f0049672_14162335.jpg

透明感のあるラベンダーカラーとイエローの補色に近い取り合わせでレッスンです。
ためらわずに挿したユーカリのポプラスベリーの枝が伸びやかで
花全体に息を吹き込んだかのようですね。
# by oakleaf_kyodo | 2006-10-24 14:25 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(鉄砲百合とダイヤモンドリリーのブーケ)

f0049672_10581513.jpg

週末のブーケです。どこかで見かけたような・・・?
以前ブログに載せた鉄砲百合のブーケを気に入っていただけてオーダーくださいました。
「大人っぽいものがいいです。」そんなリクエストでお召しになるドレスもしっとりと女性らしい
クラシックなデザイン。小花を混ぜずにひかり輝くダイヤモンドリリーを合わせポプラスベリーの淡いグリーンをちらほら・・・ほんの少しだけ。
(おめでとうございます。末永くお幸せでいてください。)
# by oakleaf_kyodo | 2006-10-23 11:10 | wedding | Trackback | Comments(2)

オークリーフ花の教室(瀬谷さんの作品)

f0049672_1721286.jpg

本日のお教室です。
緑がかった白いバラ・ニューヨークに秋色アジサイ、ティヌスベリー。
まるでこの季節のパリの窓辺にありそうですね・・・・
そんな気分に浸れるのは紅葉したかしわ葉の効果。
立体的な活け方でオシャレ感いっぱいのアレンジメントです。
# by oakleaf_kyodo | 2006-10-21 17:27 | 花の教室 | Trackback | Comments(7)

オークリーフ(紅葉かしわの花束)

昨日作った花束です。リサイタルにお持ちになるということなので迷わずこの取り合わせをおすすめしました。今日うちで一番力のある輝いた花たち。
花のチカラ・・・いつもこうしてそのパワーに支えられているのです。
昨日はそのほか、毎年このころ奥様に赤いバラをプレゼントするお客様がいて前触れ無くひょっこりご来店されたのですが、一年でも数えるほど・・ほとんど赤バラを仕入れることが無い私なのですがたまたまこぶりのシックな赤バラ(ロッソクラシコ)を仕入れていておすすめすることができました。   みんなお花のおかげ・・・
だから市場で気になったお花は予定外のものでもそのときの気持ちに任せて買うことにしています。 「このお花に呼ばれているな・・・」と感じたときには。
f0049672_1029353.jpg

# by oakleaf_kyodo | 2006-10-21 10:52 | 花束 | Trackback | Comments(2)

オークリーフ(紅葉かしわ)

かしわの紅葉です。
紅葉ってなんでこうきれいなんですかね?

f0049672_1275563.jpg


昨年の今頃につくったウェディング装花です。11月はじめだったでしょうか・・・
知り合いの結婚式でそのお二人とも大のワイン好き。
これはもうワインレッドと白の花にしてしまおう!!
赤ワイン、白ワインをふたりにみたてたイメージで作らせていただきました。

これはメインフラワー装花の一部。
f0049672_12889.jpg


こちらは受付の花。
f0049672_128227.jpg


セッティングしたメインフラワー装花。
f0049672_1283225.jpg


この日の料理はイタリアンで持ち込みました。
ちなみにうちのだんな様のお手製です。
f0049672_1284621.jpg

# by oakleaf_kyodo | 2006-10-20 12:27 | wedding | Trackback | Comments(4)

オークリーフ(カラー・センセーション、バラ・レオニダス)

先日ご紹介したトマホークはハロウィン前のこの時期にぴったりの色。
オレンジ色の花が欲しくてさがしていたら、
こんなきれいなカラーを見つけて、
これならチョコレートコスモスもでしょ?
間に黒っぽい花が見えますでしょうか。
蕾まで付いた大きなチョココス(花屋用語)を発見。
よくぞここにいてくれました!

f0049672_1126649.jpg


こちらは私が長年愛してやまないバラ・レオニダス。
開くとまるでフリルスカートみたいになって、
芯のまわりがうっすら黄色になるんです。
そのままどんどん退色してそのうちアンティークな感じの鈍い銅色に・・・。
秋冬によく仕入れるバラ。
今から冬にかけて本来のこのバラの美しい色合いを見せてくれます。
ぜひお手元で試してみてください。

f0049672_11261489.jpg

# by oakleaf_kyodo | 2006-10-19 11:38 | お店の花 | Trackback | Comments(4)

オークリーフ花の教室(森さんの作品)

まるでひとつところから生えているかのような・・・
それが花をアレンジメントする上でとても大切なポイントだと思います。
いろんな花材を混ぜても、全体としての一体感みたいなもの。
カラーとバラは茎の硬さも花の形もまったく異なりますが、
まるで花束を束ねたかのように自然にまとめていらっしゃいますね。
f0049672_1414192.jpg

緑がかった淡いピンクの大輪バラは「ラベール」
# by oakleaf_kyodo | 2006-10-18 14:18 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)