ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

カテゴリ:my favorite( 89 )

オークリーフ(クレマチスとバラビンテージレースのアレンジメント)

今日はアレンジメントをご紹介です

長年お世話になっている、ベネッセスタイルケアくらら千歳船橋さん。ご入居者様がお亡くなりになると一周忌に必ずお悔やみ花を送られます。お花の内容はお任せですが、いつも「品良く」をテーマにアレンジさせていただいています

白いクレマチスはダッチェスオブエジンバラ。薄紫色のバラビンテージレースを合わせてすっきりと上品にまとめてみました
f0049672_22553889.jpg

3日振りの営業だったからか、今日は沢山のお客様がお越しくださいました。いつもどうもありがとうございます。
台風の影響で市場への入荷が少ないのですが、明日も綺麗なお花を探してまいります!😊




by oakleaf_kyodo | 2019-10-15 22:39 | my favorite | Trackback(1) | Comments(0)

オークリーフ(台風一過の青空ですね)

昨日は、テレビの台風情報を見ながら、またどこかで甚大な被害がありませんようにと祈りつつ、心の落ち着かない一日でしたね。皆さんは大丈夫でしたか?
多摩川もそうですが、各地で川が氾濫し、生きた心地のしない一夜を過ごした方もいらっしゃる。被害に遭われた方々は大変な思いで今日という日を迎えていると思うと、何事も無かった自分は、この青空を何か複雑な気持ちで見上げています‥

昨日は途中からテレビも観ておられず、心を静めるため、図書館で借りていた川瀬先生の本を見ていました。やはり先生の花はこの世の中で一番良いな、いつかまた近くで拝見したいと改めて思いました
f0049672_13210473.jpg
f0049672_13214558.jpg
f0049672_13221063.jpg
f0049672_13223579.jpg

by oakleaf_kyodo | 2019-10-13 09:41 | my favorite | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(ピンオーク)

ピンオークの大木があると知り、井の頭恩賜公園に来ました
f0049672_15193303.jpg

側にいると落ち着く
f0049672_15200898.jpg

枝の一部が紅葉ではなく枯れているよう
枯れないで欲しい

生まれ変わったらオークの大木になりたいと心から思う
f0049672_15203236.jpg

by oakleaf_kyodo | 2019-10-06 15:16 | my favorite | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(夏野菜)

夏野菜の中でもトマトとキュウリに並んでとりわけよくいただくのがオクラ。図書館で借りた本の中から、猛暑だった今日はこのおかずを選びました。具材は夏野菜ばかりで、オクラ、キュウリ、ミョウガ、大葉、青とうがらし‥
f0049672_21540931.jpg
f0049672_21544101.jpg
味付けは鰹節と醤油でシンプル。納豆を入れたり、長芋を加えたりしても美味しそう。ご飯じゃなくて冷奴にかけてもいいですね
f0049672_21550441.jpg



by oakleaf_kyodo | 2019-08-17 21:42 | my favorite | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(トマトチキンカレー)

おやすみ中はちゃくちゃくとお料理しています😊 時間があるって良いですね〜。いつものメニューに一品多く加えたり、新しいレシピにチャレンジしたり。料理は特別上手じゃないけど作るのは好きです

今日の昼ご飯のレシピは、ネットで見つけた「みんなの今日の料理」から、山本 麗子さんのトマトチキンカレー
皮付きの鶏もも肉と手羽中をたっぷり使いますが、やはりコクが出にくいので固形ブイヨンもプラスしました。少しはコクがでたかも
さっぱりして夏にぴったりのカレーでした😋
f0049672_16062632.jpg

昨日、近所の図書館で、料理本を2冊借りてきました〜
あー楽しい❤
f0049672_16064926.jpg

by oakleaf_kyodo | 2019-08-16 15:43 | my favorite | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(ぼくたちは卵のなかにいた)

おやすみ前に予約していた石井睦美さんの本を早速読んでみました。これもまた深い内容なので、大人が思春期の頃に気持ちを戻して読むのも良いし、でも一番はやはり多感な時期の少年少女に読んでもらいたい一冊… 返却前に図書館の階段でこっそり写しました〜😊 素敵な内容でおすすめです🤗
f0049672_16441645.jpg

by oakleaf_kyodo | 2019-08-13 16:34 | my favorite | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(ご機嫌な彼女たち)

今日は、お気に入りの作家さんについてお話ししたいと思います

まずは、最近出版されたばかりの本からご紹介なんですが・・
f0049672_1825135.jpg

仕事も年齢も異なる、4人のシングルマザーの友情を描いた物語。この本はとくにお洒落感があって読みやすく、物語にどんどん引き込まれて一気に読み終えてしまいました。自分が登場人物のひとりになったような錯覚に陥る感じもして楽しい。こんな連ドラがあったら、視聴率もとれそうなのに!なんて思ってしまいました(^^)
f0049672_1824529.jpg

石井さんの文章は、クールと言うか、ひんやりとしながらも、時折胸にぐっとくるようなあたたかな言葉があって、なんだかじーんときちゃうんですね。そして、どれを読んでみても、文章に品があって素敵・・

「皿と紙ひこうき」「愛しい人にさよならを言う」駒井れんの名前で書かれた「パスカルの恋」もよかったな~。四方田犬彦さんと共著の「再会と別離」そして「竹取物語」の現代語訳も出版されているのですが、表現が美しくて好きです
f0049672_18345534.jpg




明日はまたお店の花をご紹介します!
by oakleaf_kyodo | 2016-04-13 18:41 | my favorite | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(月と野葡萄)

おはようございます☀
昨日は十六夜。中秋の名月から一日過ぎましたが、綺麗なお月様を見られましたね。夜ご飯のあと、カメラを片手にひとり近所をお散歩して、パチリと一枚、その姿をいただきました
f0049672_853238.jpg


お供えにはやはりお月見団子。それと、ぶどうなどのつる物は、人と月を繋ぐと考えられ、縁起のよいお供え物だと言うことですが、ご存じでしたか? この時期はちょうど、我が家の庭の野葡萄がたわわに実るので、私はこの野葡萄に思いを託すことにします(^^)
f0049672_951271.jpg
f0049672_951990.jpg
f0049672_953226.jpg

今日はこのあと午前中はお花のレッスン。夕方また、その作品をご紹介しますね
by oakleaf_kyodo | 2014-09-10 09:10 | my favorite | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(時計草が咲きました)

今日はもうひとつ・・


先日仕入れた時計草が咲きました
ほんの一時間前までは、外弁一枚ずつだけ広がった状態の、中心は完全に閉じたまだ固い蕾だったので、咲いた花をブログでご紹介できるのは明日かなぁ、と思っていたのですが・・
たった今切り花をお求めにご来店されたお客様が、入口でひっそりと咲いていたこの時計草の花をご覧になり、興味津々のご様子で「このお花は何ですか?」と質問されてはじめて私も気がつきました
f0049672_1631935.jpg


「なんて素敵な花なの・・・」
時計草にすっかり魅了されたそのお客様が結局、ご自分用と先生へのプレゼント用に二つともお買い上げされましたが、 時計草の花が、まるでそのお客様がご来店されるのを待って咲いたかのようで、私もちょっと鳥肌が立ちましたね



こんな時に、「花は出会いだなぁ」と感じるのです・・・
by oakleaf_kyodo | 2013-07-25 16:49 | my favorite | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(木馬リボン)

今日は、お店でも販売させていただいている木馬リボンのショールームをご紹介します!



木馬リボンは、パリやニューヨークにも支店をもつ、日本の国産リボンのトップメーカー
海外の名立たる有名ブランドを顧客にもつほど、その素材&デザインは世界が認める、まさに一級品・・

オークリーフでも、リースやウェディングブーケなどの仕上げには欠かせないリボンです
f0049672_14194531.jpg


そんな素晴らしいリボンメーカーにもかかわらず、なんと自社ホームページを持たない、という・・
しかし、蔵前にあるショールームへ行けば、一般の方でも1メーター単位で販売してくれるんですよ~
どんなに素敵でスタイリッシュなショールームかと言いますと・・・
f0049672_1423016.jpg

あ~、、 こんな写真で伝わりますかね?
f0049672_14245179.jpg


蔵前には2店舗あって、こちら2号館はレース専門
f0049672_1430595.jpg

リボンのひとつひとつがまるで芸術品のようで、1~2時間では見切れない・・ いや、一日過ごせるくらい見飽きないリボンたちです


リボン好きの方は、機会があったらぜひ足を運んでみてくださいね
ショールームに置かれた美しいリボンたちが皆、made in japanかと思うと、なんだかとても誇らしいような気持ちになりますよ~
by oakleaf_kyodo | 2013-06-04 14:45 | my favorite | Trackback | Comments(3)