ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ(市川バラ園さんの新種のバラ)

11月頃だったか市場でこのバラを見つけて
市川さんにしては珍しいタイプの色を作り出したんだな・・・と気になりつつ
その後はまだ量が作れていないのかあまり見かけなくなってしまっていて・・・
あるお花屋さんに暮れに電話をかけた時に
「市川さんの出した朱赤のバラ、開くほどにすごくきれい!」とのうわさを聞いていて
ますます買いたい気持ちになっていましたら、
ありました。花形はころんと丸みがあってなんとも深みのあるというか
味わいのある朱色。よく見ると花びらの奥のほうはブラウンがかっています。
バラは開いたときにうんと印象の変わる品種があって
このバラも多分その口なのでしょう。
これから開く姿が楽しみです。 しばし見つめて行きたいと思います。
開いたときの印象でまたその花合わせのイメージが湧いてきますから・・・
オークリーフ(市川バラ園さんの新種のバラ) _f0049672_1451685.jpg

今回品種が明記されていませんでしたが
日本語の、和風な名前だったかと記憶しています。
また名前がわかりましたら後日お知らせいたします。
by oakleaf_kyodo | 2007-01-11 14:08 | お店の花 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://oakleaf.exblog.jp/tb/4310875
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bAOBab at 2007-01-11 23:36 x
あけましておめでとうございます。って、もう11日ですが。今年もブログ楽しませて頂いております。都忘れが咲く季節かぁとぼんやりしていたところに、このバラの色。目が覚めました。ところでバッグの色使いに血筋を感じるのはきっと私だけではないはず。ともあれ、今年もよろしくお願いいたします。
Commented by oakleaf_kyodo at 2007-01-12 12:35
bAOBab様。おめでとうございます。(何回言ってもいい言葉ですね。)
なにせこの独特の色・・・他の春の花と合わないために作業テーブルに・・しかもコーヒーも飲み途中でバックに見えてしまい・・・つまりこういう訳なんですけど、そうそうそうなんです。デジカメを被写体に向けてみたらつり銭トレーの色といいコーヒーのこげ茶といい雑誌の切り抜きコピーの色合いといい「なんかいいかんじ」になってしまっていたわけなのです。
これぞ偶然の勝利。(珍しく自画自賛)
どうぞこちらこそ今年もよろしくお願いいたします。
<< オークリーフ(矢印) オークリーフ(我が家のお正月) >>