ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ(明日はお月見。)

明日はお月見ですね。
オークリーフ(明日はお月見。)_f0049672_13344945.jpg


先週末作らせていただいたお月見ミニアレンジメントです。満月、紅い月。
そんな感じをイメージしながら。
老人ホームの施設内に飾るというのでお花もいろいろ、ちょっと楽しい感じに・・・。
オークリーフ(明日はお月見。)_f0049672_1335154.jpg
オークリーフ(明日はお月見。)_f0049672_13351514.jpg
オークリーフ(明日はお月見。)_f0049672_13352449.jpg


この2日程ある場所に撮影のため出張に行ってきました。
本が出版されるまではいろいろとお話が出来ないのですが・・・
そこは精霊の宿るところ。
撮影も終って、帰りの電車までほんの少しの休憩タイム。
防波堤の上に腰掛け同行していた4人であなご弁当をほおばりながら旅の余韻に浸っていると
目の前の雲の隙間から陽の光が射しこんで、レンブラントライトのよう。
カメラマンさんが一言、「神がかっている・・・・」
ほんとうにそう思い込んでしまうような場所。そしてその景色・・・
オークリーフ(明日はお月見。)_f0049672_1335379.jpg

今回の旅のメイン。宿泊させていただいた旅館のよかったこと・・・・。
一言では語りつくせないのですが、
部屋の片隅の机に置いてあった小さな半紙に亭主からのメッセージが・・・
その言葉に亭主のお人柄、お客様への思いが集約されているかな、と思いそれだけちょっとご紹介を。
半紙の上に一本の松葉。赤い水引を結んだ白い小石がちょこんとのせてあり
「小石に松」・・・・「恋しく待つ」
お客様の御来亭を心よりお待ちいたしておりました。
by oakleaf_kyodo | 2006-10-05 13:53 | アレンジメント | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://oakleaf.exblog.jp/tb/3484727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bAOBab at 2006-10-05 15:08 x
晴れていたら遭うことのない景色ですよね。波の音とひんやりした空気がここにも漂ってきそうです。明日のお月見に、私もススキとポンポンのような菊の花を買ってきます。OakLeafさんで先々週買わせていただいたドライになりかけているアナベルと合わせてみようかと思います。薔薇まだ元気ですよ。
Commented by oakleaf_kyodo at 2006-10-05 16:20
bAOBab様。ただいまー!です。ちゃんとプレビューする前に送信したりして手直し中にコメントが入っていました。(ありがとうございます。)
きっと例の場所の写真など載せているのでないかと楽しみになさっているのでは?と思いながら、今はまだ許可が下りませんであしからずです。
あの辺の空気、海からの風、そしてあの建物。住んでいるだけで感性が磨かれそうなところですね。圧巻です。代々宮使いをしていらっしゃる方のひとことで、「ここに生まれ育ったもので、富士山を見てもどこへ行っても感動がないんです。それも不幸なことと思っています」とは重い言葉でした。対岸で泊まった宿とそこのご主人のことはメールでは語りつくせぬものがあります。ぜひぜひ見ていただきたいものもあります。
近ければよなよな勝手に語り明かしに押しかけたいくらいなのです。
実現不可能ですが。。。。
Commented by oakleaf_kyodo at 2006-10-05 17:54
あ、それとお天気には恵まれたのです。この日、すこし雲がかってこんなふうに・・・。月がきれいで宿のご主人に「月が合いますね。満月なんてきれいでしょうね。」といいますと、「いや、十六夜くらいがいいんです」とのお答えでした。
Commented by bAOBab at 2006-10-05 21:42 x
「十六夜/いざよい」は十五夜より月が出るのが少し遅く「いざよう=ためらう」の意味があります。そんな一歩引いた感じが似合いますね。ところで、ススキの穂って、花?ちっさい花が所どころ開いていたような気もするけれど・・・小さい頃は家の近くで刈り取ってきたのに、今では買わなくてはならないススキ。いくつか種類がありますね。知人で庭にわざわざ植えて育てている方がいます。そのススキは穂がふっさふさでした。
Commented by oakleaf_kyodo at 2006-10-06 13:52
bAOBab様。‘いざよい’という響きにうっとりしていました。
美しい言葉、表現。日本のもつ美しさをいっぱい感じることの出来る場所ですね。ためらうの意なのですね。は~あ・・・そうでなくてはいけないですね。自分の日頃を恥じてしまいます。
そういえば、そこの旅館は部屋に月暦がおいてありましたよ。
月ひとつにたくさんの呼び名があるなんて、なんて素敵なことでしょうか・・・。
ススキは花粉みたいにぶら下がるのが花?と思って今までおりましたが
どうなんでしょう???多分そうじゃないかと・・・・
Commented by reicom at 2006-10-08 21:46 x
わ〜お月様だー!
ポンポン菊のアレンジ反則だー!!ってくらいぴったりですね♪
私は昨日うっかり爆睡してしまい、きれいな月を見そこなってしまいました…。
最後の写真の光…わたしもいつも見るたびに神様がいるような気がしてしまいます。
空の国の入り口…??のような…。
<< オークリーフ(椿の実) オークリーフ(バラのラ・カンパネラ) >>