ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ(小ぶりな春の花束)

今日は、花束をご紹介です

3月は、卒業卒園のほか、発表会などで渡す小ぶりな花束をほぼ毎日のように作ります。これらは主に子供や大学生などに贈られた、春の花束たち・・
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13050316.jpg
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13045659.jpg
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13045183.jpg
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13050783.jpg
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13044602.jpg
(⇓長時間持ち歩く場合など、小さなオアシスをつけるサービスもしています)
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13044056.jpg
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13042953.jpg
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13043475.jpg
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13042005.jpg
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13042475.jpg
オークリーフ(小ぶりな春の花束)_f0049672_13041524.jpg
よく「プレゼントに一輪でもいいですか?」と聞かれますが、チューリップやラナンキュラスを一輪ずつラッピングすることも、もちろん承っていますよ。昨日はわざわざ下高井戸の大学から見えたお客様が、「先輩たちに一輪ずつ渡したいのですが、すこし変わった可愛い花が欲しくてネットで調べてきました」と言ってご来店くださいました。選んだ花は、変わった色のガーベラと、ラナンキュラスのモロッコ。7本包んでいる間、いろいろおしゃべりしていたら、「お花は普段はあまり買わないのですが、飾っていたお花をいつ捨てたらいいのか、どこに捨てたらいいのかがわからない。だってさっきまで生きていたのに。・・どうされていますか?」と聞かれました。私は花屋だから、お花が神聖なものであって、やはり家でも生ごみと一緒のごみ箱には入れられず、別に袋を用意してそこに入れていますが、まあ結局は収集車がもっていくんですけどね。でも見えるところではどうしても生ごみと一緒にできないと答えました。
昨日のお客様は、お花をあまり買わないと言ったけれど、でも、お花を愛でる心をすでにお持ちですね・・

卒業シーズンも終わり、忙しなかった毎日も落ち着いてきました。今日からまたいつも通りのお店。のちほどインスタグラムにも花束を載せますね~












by oakleaf_kyodo | 2019-03-26 13:09 | 花束 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://oakleaf.exblog.jp/tb/30488878
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< オークリーフ花の教室(山田さん... オークリーフ(緑色多めに) >>