ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ(里親となったバラの鉢・オンディーナ)

オークリーフ(里親となったバラの鉢・オンディーナ)_f0049672_11144227.jpg

花は生き物ですから、よいことばかりでなく失敗もあります。お客様にご迷惑をかけ、こんな私でも落ち込むこともあります。しかし逆に思わぬ朗報や、心配をよそにいい結果が訪れたり・・・なんでもそうですよね。いいこともわるいことも背中合わせでやってきます。
きのうはあるバラ好きのお客様が、「ねえ、へんなこときくんだけど、バラのオンディーナって好きじゃなかった?」 もちろん大好きで、根つきのものは入手しにくいので花もちがあまりよくないのも承知でときどき切花で仕入れ、店で飾って終わってしまうこともある品種なのですが、お客様いわく昨年の西部ドームの展覧会で偶然みつけ買ったのですが、すでにイングリッシュローズやオールドローズなどたくさんの鉢をお持ちでそれが年々大きくなっていき、だんだん手におえなくなるのでこの春に本当に好きな品種だけ育てることにして、そうでないものたちもその品種を好きな方に里親として引き取ってもらっているとの事で、そのひとつのオンディーナが私の元にきてくれた・・というわけです。蕾も5,6個ついてて立派な鉢で、もうほんとうに嬉しい出来事でした。昨日はそのほかに焼きたてのさつま芋。あけぼののおいしいお菓子・・。
少し落ち込んでいた私へお客様たちが元気をくださった3つのプレゼントでした。 幸せです。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-23 11:44 | my garden | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : https://oakleaf.exblog.jp/tb/2266606
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bAOBab at 2006-05-24 16:33 x
ため息が出る色ですね。こんなバラは私も展示会でしか見たことがない。オークリーフさんのお店にあるところを見てみたいな。ご自分で世話をされて、こんな色のバラが咲いたら、それはそれは幸せな気持ちになるでしょうね。大切に育てられたんだろうな。私は幸せのおすそ分けを頂いた気分。ありがとうございます。さて、気持ちも新たに仕事頑張ろっと!
Commented by oakleaf_kyodo at 2006-05-24 18:17
少しはかない感じがいいんですね。自分に無いものを求めるのでしょうね。オンディーナ(水の妖精)というのも惹かれます。私は水にもぐるのが好きで、花屋でなければ南国の海。昔は2キロとか・・普通のプールで泳いでました。悲しいかなほんとにたくましいのです。
Commented by mimoza at 2006-05-24 18:52 x
え~~!そのようにはお見受けしなかったのですが、、、でもお花屋さんは体力ないとできない大変なお仕事ですよね!
このバラは、ブルーがかった薄ムラサキ、、、みたいでキレイですね。。。
生花なのかしら?と思ってしまいました。。。
Commented by oakleaf_kyodo at 2006-05-25 10:57
この蕾の感じがなんともいえませんが、開いたものも続けてお見せいたします。・・・私事ですが、これでも自慢できるのは人並み以上の体力といざというときだけの集中力のみです。幼い頃喘息で一度死にそうになったのを今亡き母に助けてもらってからは、大きくなるまで病院知らずでした。子供のとき体操などもやっていたので骨は2度ほど折っていますが。
会社に入ってからはホテル勤務のときなど徹夜もありましたが、もくもくと花を生け続けるのを見て後輩たちが感心していました。縁里さんは馬力ってかんじですね!!とまじめに言われたこともあり、その時は愕然としましたが・・・。若い頃南国へいきひたすら海の魚を追い回していたら現地の人に「彼女は魚だ」といわれた事があるのですが、海の中の世界、色、すべて惹かれるのです。
Commented by mimoza at 2006-05-25 17:00 x
そういえば、ミントグリーン色のお店からはなんとなく海の香りが、、
<< オークリーフ(咲いたオンディーナ) オークリーフ花の教室(望月さん... >>