ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ(フランス刺繍展示会のアレンジメント)

オークリーフ(フランス刺繍展示会のアレンジメント)_f0049672_11184616.jpg

これはフランス刺繍(布地に)の展示会にお持ちいただいたアレンジメントです。
フランス刺繍がどんなものかわからなかった私は、ご依頼主様にお願いして事前にそのお写真を見せていただきました。お母様がご指導されていらっしゃるというその作品は暖色系が多く、色合いが明るくきれいで、刺繍が丁寧にされておりとても美しいものでした。
どんなお花がよいのかはその写真だけが頼りで、朝の市場に写真をもって行きお花と照らし合わせながらイメージを膨らませて選んでゆきました。これは絶対ポイントに・・・と思っていたバラのベビーロマンチカを見つけて、あとはフランスの田園に咲く花のイメージで色を合わせてゆきました。作品展などに花を置く場合はとくにその作品に合う花でなくてはなりませんが、主張しすぎない事も大切に考えています。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-17 11:19 | アレンジメント | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://oakleaf.exblog.jp/tb/2194337
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by reicom at 2006-05-17 22:01 x
ページを開いたとたんにヤバイ!!と思いました。なんと表現したらよいのか言葉がみつからないとはこのことですね。これを刺繍で表現したらものすごく素敵だろうなあと思いました。その作品展も見てみたいです。
なんでもやりたがりやの私は、むかし母がやっていたのを見ていたこともあって、刺繍も表現のひとつとして考えたことがあったんです。
Commented by oakleaf_kyodo at 2006-05-18 11:02
私は細かい作業は苦手ですが、その作品は作っていらっしゃるときとても楽しいのだろうな・・と思うような、本当に素敵な作品でした。私だって母の日でなければちびを連れて見に伺っていました。
Commented by bAOBab at 2006-05-18 17:48 x
写真で見ると又違った印象がありますね。本当にありがとうございました。母も喜んでおりました。ほっ。で、ひとつ、謝らねば。「会場の中は刺繍が引き立つようにグリーンしか飾らないのよ」と母。このお花は会場の入り口に飾らせていただきました。雨でしたが、妙齢のおば様が大勢会場にいらしてました。母は学生の頃に刺繍を始めて、私が物心付いたときには既に人に教えていましたが、それが現在まで続いていて、継続はまさに力なり!と感じる展示会でした。母の親しいお友達の創られたフラワーアレンジメントにも、あの薔薇が使われていましたよ。
Commented by oakleaf_kyodo at 2006-05-19 08:01
ベビーロマンチカ。やはり皆そう感じるのでしょうね。市場に出ているバラは多数ありますが、私も真っ先にイメージしたのがあの品種です。このバラは少女のような独特のかわいらしさがあって、普段私にはもてあましてしまう感じがあるのでまだ数回しか買ったことが無い品種です。
飾っていただけただけで、作らせていただけただけで、本当に嬉しかったです。ありがとうございます。
Commented by mimoza at 2006-05-22 18:52 x
お久しぶりです!一瞬ポストカードかしら?と思ってします美しさです~ベビーロマンチカ、アプリコットピンクのような色ですかね?コロンとしたカップ咲きで温かみのあるカワイさですね~他のお花の色あわせもとてもオシャレ!!こういうの、大好きです~~
Commented by oakleaf_kyodo at 2006-05-23 11:05
ありがとうございます。お元気ですか?実はわたしにとっては初めてのとりあわせです。絵や習字や刺繍・・・など個展の時の花って、その作品に合わせようと知恵を絞るので、自分でも意外なものが作れたりしてとても勉強になります。そしてその中に自分らしさをすこし加えておきたい感じです。
<< オークリーフ(白いアジサイ・ポ... オークリーフ花の教室(落合さん... >>