ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ(バラ・レオニダス)

今日は、お気に入りのバラ・レオニダスをご紹介です


昨日の市場で選んだ花は、まゆみの実や柏葉アジサイの紅葉、ユーカリの枝や、そろそろ終わり頃の白いクレマチス、季節の花ダイヤモンドリリーやアプリコット色のケイトウ、青い秋色アジサイにラムズイヤーの花、バラはザ・プリンスのほか、オールドファンタジーやシェリル、そしてレンガ色のレオニダス・・・
オークリーフ(バラ・レオニダス)_f0049672_1253139.jpg

秋バラのレオニダスは、開くほどに、花色が変化して素晴らしいんですよ・・
蕾のうちは、オレンジがかったレンガ色とベージュの複色の花びら
満開になると、次第に退色してゆき、それこそリネンの生地のようなチョコレート色に変わります
オークリーフ(バラ・レオニダス)_f0049672_12581294.jpg





先週仕入れて、良い色に退色したレオニダスは、お店のお出迎え花や、我が家の玄関に・・・
オークリーフ(バラ・レオニダス)_f0049672_12591049.jpg


また、お父さんのお店(ミストリーベロ)のテーブル席に飾ったりもしました~
オークリーフ(バラ・レオニダス)_f0049672_1313989.jpg

ちなみに、ミストリーベロの季節のディスプレイは、今はこんな感じにしています
オークリーフ(バラ・レオニダス)_f0049672_1331219.jpg
オークリーフ(バラ・レオニダス)_f0049672_1331838.jpg
オークリーフ(バラ・レオニダス)_f0049672_1332435.jpg

入口の寄せ植えは、ハイビスカスからミニバラ(グリーンアイスとテディベア)へ・・・




ちなみに・・・
バラのレオニダスは、1995年フランスで生まれました
ベルギーの老舗チョコレート会社「レオニダス」に贈られたことがその名の由来となり、レオニダスはその創業者の名前でもあるのですが
チョコレート会社「レオニダス」のお店のロゴの絵は、古代ベルギーのスパルタ王レオニダスなのだそう・・
なんでも、誠意と勇気で民を魅了した英雄だったそうですね


バラのレオニダスは、私の大のお気に入り(と言うか花の中でも別格ですかね)なので、ネットで調べてみました~
by oakleaf_kyodo | 2012-10-30 13:19 | my favorite | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://oakleaf.exblog.jp/tb/18117860
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bAOBab at 2012-10-30 22:41 x
何年か前の「300/スリーハンドレッド」という映画の主人公がスパルタ国のレオニダス王でその人と同じ名前だと思っていたら、そんないわれがあったとは!驚きです。姿をとどめて色が変わる感じとか、レオニダスに捧げるという意味がわかるような気がします。今、写真を拝見しながらしまった!と思っています。
Commented by oakleaf_kyodo at 2012-10-31 14:16
bAOBab様。先日は、どうもありがとうございます! また特別良いレオニダスが入荷しましたら、ご連絡いたしますね。

レオニダスのチョコレートショップが、吉祥寺にもあるのですが、私も今度はぜひ買って食べてみようかと思いました!

<< オークリーフ(十月桜) オークリーフ花の教室(落合さん... >>