ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ(クレマチスのアレンジメント)

今日はアレンジメントをご紹介です


夏は、なるべく花もちのよい花材を使ってアレンジしているのですが
紫陽花のほかには、トルコキキョウや蘭、そしてクレマチスをメインにしたものなどがおすすめですね
とくに蕾をたくさん持ったクレマチスは、一番目の花が終わったあとも蕾が咲きだし、比較的長くもちますよね

オークリーフ(クレマチスのアレンジメント)_f0049672_1333874.jpg


オークリーフ(クレマチスのアレンジメント)_f0049672_1335083.jpg



合わせるお花は、やはり涼しげな色のアリウム・ブルーパヒュームやエリンジュームなど・・・

オークリーフ(クレマチスのアレンジメント)_f0049672_1355971.jpg


オークリーフ(クレマチスのアレンジメント)_f0049672_1362331.jpg



薄いブルーの花たちを見ていると、なぜかリラックスしますよね





今朝は、息子の小学校で行われたホタル観賞会のお手伝いに行ってきました
学校の近所に住む方が、たくさんのホタルを育成していて、毎年その方のご厚意で、小学校でホタルの観賞会を開いてくださるんですよ   感謝ですね

今日はじめて知ったのは、世界に約200種生息しているホタルのうち、日本の源氏ボタルと平家ホタルのみ、全成長過程(卵・幼虫・成虫)で体が光るらしいのです
私も幼虫が光るところをはじめて見ました!
さなぎは地中で生活するので見えないんでしょうね・・光るのかなぁ

また、成虫になったホタルの寿命はオスは7日、メスは10日らしくて
体が光るのは、互いの存在を教えるため・・だそうです
メスは幾日かに分けてたくさんの卵を産むのですが、源氏ボタルが約500、平家ホタルが200~300の卵を産むうち、自然界で無事に成虫になるのはどちらも2~3匹程度なのだそうですよ

そして幼虫が餌とするのは、源氏がカワニナ、平家がタニシ
それ以外は食べないそうです
実験で、ほかの生物(イカなど)を与えて育てたところ、食べて成虫になっても、なぜか光らないらしいですね



ほんとうに、ミステリアスな生き物ですね・・・
by oakleaf_kyodo | 2012-07-05 14:51 | アレンジメント | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://oakleaf.exblog.jp/tb/17729189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ありちゃんのママ at 2012-07-06 09:36 x
毎日欠かさず拝見しているのに、コメントをつけるのは超!久しぶりになっちゃいました。すみません。 で、このアレンジ、花小僧が「うわぁ~ うっわぁ~」と言いながら眺めてましたよ。本当に涼やか。うちにも欲しいくらい。  そうそう、頂いて帰ったブルーベリーの枝。花小僧は実小僧でもあったらしく、私と二人で階段に座り、見上げ、色々な実を指さしては「おっきー、こっち。あれ?(←小さい、が言えなくて小さいのを見ると大きくないね、という意味であれ?と驚いて見せるのです) を繰り返してニコニコ。結構長い時間、眺めてるので、思わず麦茶を運んで飲んだりしてます。その風景、お見せしたいくらいほのぼの、です。
Commented by oakleaf_kyodo at 2012-07-06 16:12
ありちゃんのママ様。 ほんとうにほのぼの。。お花君の様子が想像でもよくわかりますよ~ 
そして実物はお店でも、とくに小さな子どもたちに人気なんです。 必ずと言って良いほど「これ、食べられるの~?」と、お母さん方も一緒になって、興味津々に聞いてきますね。 (^-^)

それで私も、「残念だけど、切り花は農薬かかっているから、食べちゃだめですよ~、まぁ一個くらい食べたって大丈夫でしょうけどね~」なんていうのが日々のやりとりです。

そうそう、コメント言うより先に、いろいろお話ししているかもしれませんね(^-^)

<< オークリーフ(美しい満天星) オークリーフ(明日の営業について) >>