ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ花の教室(島崎さんの作品)

今日はお教室の花をご紹介です


昨年はタイミングが合わず叶わなかった‘秋の七草’のアレンジメントレッスン
萩と葛は切り花では入手しずらいので、それ以外の桔梗・尾花・撫子・女郎花・藤袴に紅葉ヒペリカムを加えて島崎さんに活けていただきました
オークリーフ花の教室(島崎さんの作品)_f0049672_18295012.jpg

生け花のようなこの和風のアレンジメントは、大きく二つのポイントに分け、それぞれに独立した焦点を持たせて活けていますが、作品に一体感がありますよね
オークリーフ花の教室(島崎さんの作品)_f0049672_18332575.jpg



オークリーフ花の教室(島崎さんの作品)_f0049672_18432727.jpg

こうして離れて見てみると、まるで一つの焦点に向かっているかのように自然です
by oakleaf_kyodo | 2011-09-12 19:02 | 花の教室 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://oakleaf.exblog.jp/tb/16545070
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by シマリス at 2011-09-13 08:52 x
先生 お花を揃えるのに色々と探して頂いて本当にありがとうございました。オークリーフだからこそ実現した七草アレンジです!
秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびをり) かき数ふれば 七種(ななくさ)の花
萩の花 尾花 葛花 瞿麦(なでしこ)の花 女郎花 また 藤袴 朝貌(あさがお)の花
万葉集にあるこの2つの歌が元だそうです。
山上憶良は、奈良時代初期の歌人で~す。
Commented by oakleaf_kyodo at 2011-09-13 11:35
シマリス様。 昨日は有難うございます! 
奈良時代でしたか~  華道が誕生するまでの活け花(一輪の花をめでる)は平安の頃からと言われていると聞いたことがあるので、それよりも前??ですか? そんな歌を詠むくらいだからきっと床の間なんかにすでに摘んだ花を飾っていたりするかもしれませんね?
昨日、お月見に合わせて運よく花が揃ったのは、午後は半休してでもレッスンにいらっしゃると言ったシマリスさんの気持ちが招いたラッキーですね(^^)
お花、すっきり整理されててきれいでした~
Commented by bAOBab at 2011-09-13 13:24 x
高校の華道の授業を思い出す佇まいです。懐かしい。
Commented by oakleaf_kyodo at 2011-09-13 16:44
bAOBab様。 華道されていたんですね。日本の活け花は良いですよね・・ 以前から好きでしたが、最近とくに和の花の良さを感じています。それと、着物は無理だけど、来年は浴衣も欲しいなぁ~とかも。。 
Commented by bAOBab at 2011-09-14 10:04 x
必修の授業ですよ。華道1年、茶道1年。つっぱらかっていた頃ですからね~選択なら履修していません。でも、今はね。和花・茶花っていいですよね。オークリーフさんに嵌まったきっかけはそういった風情の花がそうじゃない花と自然に肩を並べてるところです。
Commented by oakleaf_kyodo at 2011-09-14 17:55
bAOBab様。 有難うございます。 
今の住宅、生活様式を考えると、自然と和洋折衷花材になってしまうんですよね。 でも意識的にも取り入れたいと思っています。 行きつくところは和・・・なんでしょうかね?? なんなんでしょう・・・
でもお店のそこにはまってくださったのは凄く嬉しいです!(^^) 
Commented by ありちゃんのママ at 2011-09-14 17:56 x
縫いますか?浴衣。いまどきはミシンで、型紙もちゃんとあってできちゃうのがありますよ。一日中ミシンに向かえる環境なら、5日間で縫える代物です。今からやったら来年は着られますよ~ ふふふ。かくいう私、15年前に縫って、一度も着ていない浴衣が眠っています・・・しかも渋い柄を選んだから、まだ着られちゃうという。そうだ、来年はそれを着てお花を買いにいこうっと。
Commented by oakleaf_kyodo at 2011-09-14 18:28
ありちゃんのママ様。 え~ん、是非作ってくださ~い、買います~
<< オークリーフ(白薔薇と紫陽花の... オークリーフ(紫陽花とスプレー... >>