ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ(白いアナスタシアのアレンジメント)

今日は、お悔やみのアレンジメントをご紹介です


若いころから50年間もの長い歳月花屋を営み、つい昨年まで現役でご活躍されていた故人は、モダンで粋な感じの花を好まれ、とてもおしゃれな方だった・・・とのことでした
オークリーフ(白いアナスタシアのアレンジメント)_f0049672_20572236.jpg



私のこの季節一番のおすすめ花は、真っ白な菊のアナスタシア
凛とした佇まいが美しいこの花を
オークリーフ(白いアナスタシアのアレンジメント)_f0049672_2059566.jpg


オークリーフ(白いアナスタシアのアレンジメント)_f0049672_2132727.jpg


オークリーフ(白いアナスタシアのアレンジメント)_f0049672_2134295.jpg


オークリーフ(白いアナスタシアのアレンジメント)_f0049672_2135549.jpg


オークリーフ(白いアナスタシアのアレンジメント)_f0049672_214593.jpg


畏敬の念を抱きながら、
心をこめて作らせていただきました
オークリーフ(白いアナスタシアのアレンジメント)_f0049672_2141498.jpg

by oakleaf_kyodo | 2009-09-26 21:08 | アレンジメント | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://oakleaf.exblog.jp/tb/12010251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by vertpre at 2009-09-27 00:13
心をこめて作ってくださり、本当にありがとうございました。
先方にも、その気持ちが十分に伝わったようで、とても喜んでもらえて、
お願いしてよかったと心から思います。
それにしても、アップで見るとそれぞれのお花が本当に綺麗ですね。
ティヌスの光沢と葉の美しさには、びっくりです。
新しくなったお店に、伺える日を楽しみにしています♪
Commented by oakleaf_kyodo at 2009-09-27 10:08
vertpre様。このたびは、作らせていただいてどうもありがとうございました。
市場をまずは一周し、ヒペリカムの紅葉、ほんのりピンクを帯びたような白いアナスタシア、目を見張るほど青光りした美しいティヌスの実・・・と、それぞれのお気に入りを見つけておいてから、一包みずつ仕入れていくのですが、先にみつけていた青いティヌスは残り一束だったので、残ってくれていて本当に嬉しかったです。お花屋さん(の娘さん)なら素材の違いをわかってくださるから、同じ花でもより美しい物をお贈りしたかったもので。。
またブログにもお邪魔いたしますね。
Commented at 2009-09-30 21:17 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by oakleaf_kyodo at 2009-10-01 22:14
小門かおる様。コメントありがとうございます!ラムズイヤーは冬の寒さは強いのですが、夏に日が良くあたり場所は育ちにくいです。高温多湿に弱いんですね。もし地植えならば、風通しのよい半日陰が良いですよね。水はけが悪い土なら、赤玉土や腐葉土を混ぜたりするほうが良いかもしれません。横に広がるのは性質ですね。調べたら、蒸れに弱いので、花後は花の咲いた茎のみ根元からバッサリ切ったほうが良いようですよ。
<< オークリーフ(十五夜) オークリーフ(金木犀の香り) >>