ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

オークリーフ(手作りジャム)

お教室にいらしている山田さんのお兄さんが営むブルーベリー農園で、
先日、採れたばかりの大粒のブルーベリーを山田さんからおすそわけいただいて、
まずは生のまま数粒味見したのですが、あまりにおいしく、その場ですっかりたいらげてしまいそうでもったいなかったので、
マレットの奥様に、レッスンの合間に伺ったレシピで早速、手作りのブルーベリージャムをこしらえてみました。
f0049672_1711512.jpg

通常はフルーツ100グラムに対し、砂糖も同量の100グラムらしいのですが、(ビンに詰めて常温で1年くらいもつらしい)
マレットさんでは甘みを抑えるために100グラムに対し、半分の50グラムにするそうです。
そうすると、冷蔵で約一週間ほどしかもたないのですが、甘すぎず、おいしいジャムを味わえるとのことです。
ちなみに、弱火でコトコトと焦げないように作ると、風味がどんどん逃げてしまうので、中火で約10分ほどで、ささっと熱を入れたほうが良いとのことですよ。
by oakleaf_kyodo | 2009-06-30 17:24 | my favorite | Trackback | Comments(2)

オークリーフ花の教室(カフェマレットさんにて。第7回)

今日は久しぶりのお天気&本当に暑かったですね・・・
今日もまた、カフェマレットさんにて、サマーグリーンをテーマにしたアレンジメントレッスンを行いました


まずは島崎さんの作品から!
ベランダガーデニングが趣味の島崎さんには、
香りの良いレモンユーカリと、ラムズイヤー、ブラックべリー、マトリカリア、そして華奢なカラー・クリスタルブラッシュを使って、寄せ植え風のアレンジメントにトライしていただきました
f0049672_20464661.jpg



こちらは長妻さん。
バラの花がお好きな長妻さんには、夏でも比較的もちの良い丈夫なバラ・オールドダッチをメインにして、イギリスのハーブガーデンを思わせるような取り合わせで・・・
花材:バラ・オールドダッチ、レモンユーカリ、ブラックベリー、ラムズイヤー、ソフトレザーファン
f0049672_2122723.jpg



山田さんは、いつものスタイルとは打って変わって、生け花のように線を生かした和風のすっきりアレンジメントに挑戦です
花材は、半夏生、カラー・クリスタルブラッシュ、ドウダンツツジ、リョウブ、利休草、ソフトレザーファン
f0049672_21133229.jpg



望月さんの作品は和でも洋でもない、もはや・・・望月さん流とでも言いますかね?
スタイルがひとつ完成されたような気がします 
味わい深く独特な雰囲気がありますね
花材は、バラ・オールドダッチ、木イチゴ、リョウブ、利休草、ソフトレザーファン
f0049672_21273025.jpg



ちなみに山田さんのアレンジメントで登場した「半夏生」ですが、花に近い葉の先端部分が白く、花よりも目立つことから、まるで化粧をしたかのような・・・という意味合いで「半化粧」とも呼ばれています
「半夏生」=夏至から11日目の日のことで、7月2日頃。



皆さまへ。
7月と8月は切り花のお教室は行いませんが、ドライフラワーなどを用いたリースレッスンのご要望がちらほらありますので、お教室の皆さまには改めまして、後日メールにて希望日などお伺いいたします。

by oakleaf_kyodo | 2009-06-27 21:35 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(一歳の誕生日に)

今日が生まれてちょうど一年目
これからどんな素晴らしい人生を歩むのでしょう


f0049672_8104333.jpg




愛する我が子へ
おめでとう、の気持ちを込めて・・・
by oakleaf_kyodo | 2009-06-26 08:16 | 花束 | Trackback | Comments(2)

オークリーフ花の教室(カフェマレットさんにて、第6回)

今日はお教室の花をご紹介

今月のテーマはサマーグリーンアレンジメントです
と言いましても緑だけではポイントが作りづらく、全体的にまとめにくいので、
お花もそれぞれ1種ずつ取り入れてみました



まずは木島さんの作品から・・
花材はリョウブ、利休草、斑入りギボウシの葉、ブラックベリーそしてフランネルフラワー。

リョウブの枝の見せ方は流石ですね。
全体を見ても、風を感じるような仕上がりがとても素敵です。
f0049672_17131441.jpg



同じくフランネルフラワーをメインにした中野さんの作品
花材はシルバーレース、ラムズイヤー、グレープフルーツミント、ブラックベリー、ソフトレザーファン。

とくにこのような花材の似通った、ハーブや草花だけの取り合わせの場合は、それぞれ花材を強調させるために、よりグループ分けしながらまとめるとよいですね。
f0049672_17325215.jpg




こちらは緑色の紫陽花(素枯れ)がポイントのそまきさんの作品
そのほかの花材は木イチゴ、リョウブ、ブラックベリー、グレープフルーツミント、斑入りギボウシの葉、ソフトレザーファン。

変化に富んだ様々なサマーグリーンをご用意しましたが、あっという間に活け終えてしまいましたね!
木イチゴは、先端の小さな葉を引き立つよう手前にあしらい、大きな葉の部分は低く重ねて隠し活けるなど、それぞれ上手く使い分けていますよね。
f0049672_17475768.jpg



白い桔梗がポイントの作品は落合さん
花材はほかに、ドウダンツツジ、利休草、房スグリ、シルバーレース、ソフトレザーファンです。

白い桔梗が野山にひっそりと咲くその姿をイメージできるよう、真っ赤な房スグリを控えめに活けたのが効いていますね。長いまんま後方から手前に垂らした利休草がアレンジメントに動きを与えてくれています。
f0049672_1875038.jpg



さて最後は馬場さんの作品です
花材はホタルブクロ、房スグリ、利休草、斑入りギボウシの葉、ドウダンツツジ。

こちらは赤と紫、そして緑の色のコントラストが美しい作品ですね。
最後に何気なく挿し入れた利休草がこの作品をより一層モダンで魅力的にしてくれていますね。
f0049672_18124376.jpg


f0049672_18231116.jpg



土曜日のレッスンもどうぞお楽しみに!
by oakleaf_kyodo | 2009-06-25 18:26 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(小さなお楽しみ)

今朝、木酢液を撒こうと庭に出て見ると、赤いミニトマトが2粒、そしてワイルドブルーべリーがまた幾つか食べごろになっていました。さっそく水で洗って、そのままパクッと口に入れてみたら、それぞれにしっかりとした味わいでおいしい。庭で育てた野菜を食べるのは、なんとも言えぬ幸福感がありますね。
昨年はさほど実らなかった美しい野葡萄の実ですが、今年は脇枝もよく伸びて、なにやらたくさん実りそうですよ。
f0049672_9202575.jpg
f0049672_9203473.jpg
f0049672_9204334.jpg
f0049672_9205478.jpg
f0049672_921237.jpg

ピンク色から紫へと色移りした紫陽花の花もそろそろ終わりの季節ですね。
f0049672_9225039.jpg

今年も150輪くらいの花をつけて、通りの人たちの目を楽しませてくれました。
by oakleaf_kyodo | 2009-06-22 09:25 | my garden | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(父の日に贈る花束)

「去年は白やグリーンだったので、今年は黄色のひまわりなどを束ねていただけますか」



レモン色で八重咲きの‘モネのひまわり’と
f0049672_22384815.jpg


優しい黄色の‘プロカットピーチ’
f0049672_22404338.jpg


ワイン色とクリーム色の復色‘ルビーイクリプス’
f0049672_2244111.jpg

父の日前で、大小10種類ほど並んでいた朝の市場で、この3種に目が留まり、選ばせていただきました
f0049672_22465773.jpg


黄緑葉のスモークツリーの枝とブラックベリーの実を添えて、この時期らしく・・・
f0049672_22502249.jpg



明日は父の日です
f0049672_22523397.jpg


もう、そろそろ夏ですね







明日は恵比寿まで、「ひまわりのウェディング」の会場の下見に、行ってまいります
by oakleaf_kyodo | 2009-06-20 23:00 | 花束 | Trackback | Comments(3)

オークリーフ(懐かしい場所)

今日はちょっとした撮影で渋谷の神山町へ。

予定よりもまた早く終わってしまったので、
借りていた器類を返却しに青山通りの裏通りへ・・・(ちょっとしたダジャレです)
そこからこどもの城へ抜ける道は、私が13年勤めていた会社(もちろん花屋ですが)のすぐ近くで、毎日あちらこちらお店を探してはランチを楽しんだ懐かしい場所。
f0049672_16144495.jpg


帰宅するために、そのまま表参道へと車を走らせたのですが・・

表参道のこの付近に昔、bloomin'barという渋い雰囲気のバーがあって、週に一度会社から活けこみに来ていたのをふと思い出して、なんだかとても懐かしい気持ちになりました。
f0049672_1624347.jpg

20代半ばだった私にとっては、ロマンスグレーの店長さんも、年上のスタッフの方々もみなすごく大人に感じて、毎回思うようには上手く喋れなかったのを覚えていますね。



あのお店はまだあの場所にあるのかなぁ
そして、皆さんお元気でしょうか
by oakleaf_kyodo | 2009-06-16 16:46 | 思い出 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(お誕生日の花)

今日も週末のアレンジメントをご紹介。

6月という季節は、紫陽花のほかにも魅力的な草花や枝物がたくさんありますね。
そんな中でも一際目を引くのがスモークツリーではないでしょうか。

こちらのオーダーは、6月が誕生月のあるお客様から。
「誕生日は過ぎたのですが、ぜひとも大好きなスモークツリーを使ってアレンジメントを作っていただけませんか?」
f0049672_19181295.jpg

ピンク色の花を合わせて欲しい、というご希望にお応えして選ばせていただいたのは、
やはり今が旬の花、乙女百合とアスチルベ。
f0049672_19184753.jpg
f0049672_1919248.jpg

まだ入荷したてで固い蕾の百合の花がそっと開くまでの間、アレンジメントに華やぎをもたらしてくれるよう合わせた花は、純白のアガパンサス・ジューンブライドです。
f0049672_19191828.jpg


「6月1日が私のお誕生日だったんです。」
f0049672_19212175.jpg


花が大好きな女性ならではの、心の贅沢。
ほんとうに素敵だな、と思いました。
by oakleaf_kyodo | 2009-06-15 19:31 | アレンジメント | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(紫色の好きな彼女へ・・)

今日はアレンジメントをご紹介です。

名古屋で結婚式を挙げる親友に、私が出席できない代わりに、受付に置く花を贈りたいのですが、彼女の好きな色の花を届けていただけませんか?
f0049672_16533650.jpg

ご依頼主様に伺ったところ、そのご友人は成人式のときの振り袖も、全体が濃い目のストレートな紫色だったし、スポーツマンではっきりした性格だから、いわゆる白っぽいウェディングの花ではなくて、彼女らしいイメージで作って欲しい・・とのことでした。

f0049672_170098.jpg
f0049672_170164.jpg


ご依頼主様のお好みはクレマチスの花。
今回は小輪の2種のクレマチスを選ばせていただきました。

メインに合わせたのは佐瀬農園のトルコキキョウ「雅」
f0049672_173637.jpg

f0049672_1773887.jpg


事前にネットで拝見した会場のモダンなイメージからしても、なるべくシンプルに仕上げたかったので、
合わせ花には季節の枝スモークツリーと、利休草を・・・
f0049672_1772060.jpg






このたびはご注文を誠にありがとうございました。
by oakleaf_kyodo | 2009-06-14 17:12 | アレンジメント | Trackback | Comments(2)

オークリーフ(水族館へ)

日曜日は、またまたお弁当を持って、息子希望の品川水族館へ行きました。
f0049672_18331133.jpg
f0049672_18332076.jpg
f0049672_18333060.jpg

ゴマフアザラシがたくさんいるアザラシ館を楽しんだ後は、
大きなエイやウミガメも泳ぐ、トンネル水槽へ。そこでお気に入りの黄色いお魚を見つけて、早速ひとり写生大会。。
f0049672_18334119.jpg
f0049672_18403023.jpg
f0049672_18404114.jpg
f0049672_18405154.jpg

その後、ドクターフィッシュ(古い角質なんかを食べてくれるらしい)やヒトデの水槽でひとしきり遊び・・・
f0049672_1841131.jpg
f0049672_18412436.jpg

一番長い時間、親子でずっーと見つめていた熱帯魚の水槽へ。
f0049672_18455491.jpg

色も形も可愛らしい熱帯魚は見ていて飽きないですよね・・・
そこで息子はまた、スケッチに励んでいました。
f0049672_184795.jpg
f0049672_18471744.jpg
f0049672_18473630.jpg

f0049672_18584093.jpg

そんな水槽の中に、個性的な2匹の魚が紛れて?いました。
f0049672_18491328.jpg

                    「シュンクン、コンニチハ!」
f0049672_18523250.jpg

                    「ボク、ハリセンボンデス。」
f0049672_18524750.jpg

そのほか、こんな珍しい透明なお魚や(グラスフィッシュ)、
f0049672_18535166.jpg

ナポレオンフィッシュなんかも。
f0049672_1854495.jpg
f0049672_18541552.jpg

水族館って実は私も大好きなんです。
かわいいお魚だけではなくて、不気味な古代魚や・・もちろんイルカショーも!
by oakleaf_kyodo | 2009-06-10 19:09 | 初夏の休日 | Trackback | Comments(2)