ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

<   2006年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

オークリーフ(秋のウェディングシーズン)

こちらは昨年の秋のウェディングで作らせていただいた二次会用のメイン装花です。
場所の都合でお客様がセッティングをしてくださり手元に写真が残っていないのですが、卓上用の小さな花束風アレンジメントやウェルカムボード、受付のお花、ケーキ花などすべて
白一色で統一いたしました。
ウェディング装花の色合いは好みに合わせてさまざまですがやはり白はいいですね。
とくに色ドレスをお召しにならず、ウェディングドレスで通す場合は断然白あがりがおすすめです。

f0049672_11204373.jpg


こちらはそのとき横浜の港の見える丘公園近くのこじんまりと落ち着いた雰囲気の教会へ
お届けさせていただいた「フェアビアンカ」の入った小ぶりのキャスケードブーケです。

f0049672_11205378.jpg

by oakleaf_kyodo | 2006-09-30 11:38 | wedding | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(おーぷんかー、Wぱーんち)

FAXの裏紙をたくさんいただいて・・・
「なんか、描いて!」私のリクエストに応えてお口を真一文字にして描いた4枚の絵です。
トヨタ、ベンツ、おーぷんかー、Wぱーんち
「なんでWぱんちなの?」と聞くと
「もう、すっごい早いからWぱーんちなんだよおー!」  ・・・・・?   (なんだそうです。)

f0049672_8394390.jpg


こちらはひたむきな小さい花、セダム。
f0049672_8403225.jpg


市場帰りのコーヒータイム。まもなく、カビラさんとお別れ・・お疲れ様でした。
by oakleaf_kyodo | 2006-09-29 08:51 | my favorite | Trackback | Comments(2)

オークリーフ(スパイダー咲きのガーベラたち。)


こちらは先週仕入れた「トマホーク」です。
今はお店に入った正面のテーブルの下に飾り花として・・・。
入ってくるお客様が、これきれいね。・・・・売らないの?と聞いてくださるくらい注目のオレンジ色です。
f0049672_14253683.jpg


「グラッツ」。この品種は色が濃いのやら薄いのやら混じっていてきれいです。
f0049672_14255125.jpg


この季節にはまる色。欲しくなる色。「パープルスプリングス」
f0049672_1426124.jpg


「今日退職する友達がワイン色が好きなので、そんな色合いの花束を。」とのオーダー
(おっとここにも小鳥さんが・・!)
「この金色の小鳥もつけていただけますか?つけられますか?」
(では、野いばらをいれましょう!)
いらしたお客様は鳥が好きだったそうです。
「私も買っていっていいですか?」
f0049672_1426103.jpg

やっぱりかわいいので、お客様に承諾いただいてその場でパチリ。
by oakleaf_kyodo | 2006-09-28 14:48 | お店の花 | Trackback | Comments(4)

オークリーフ(シンフォリカルフォスの花束)

シンフォリカルフォスを使って。ちょっと可愛らしい花束とちょっと渋めの花束。

こちらはピンク系。
80代のおばあちゃんへ誕生日にお持ちいただいた花束。
(年を重ねるほど可愛いものが好きになります。)
f0049672_8202997.jpg



こちらはグリーン系。
粋な寿司屋のご主人へお持ちいただいた花束。
f0049672_8204028.jpg


可愛らしいもの、渋めのもの、どちらも基本はナチュラル。

余談ですが・・・・
JWAVEのナビゲーターのジョンカビラさんが今週をもって長いお休みに入るそうですね。
こんなに人に愛される声を持つ人も他にいないと思いますが
当たり前のように聞いていたその声を聞くことが出来なくなると思うと
ほんとうに(うるっとするほど)寂しい限りですが
ずうっと走り続けている人には時々心の充電も必要ですよね。
by oakleaf_kyodo | 2006-09-27 08:50 | 花束 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(秋のリース。ブラウンカラー)

オークとコットンブッシュ、ドングリなど束ねたナチュラルリースです。
このスタイルは「オークリーフの定番」となっています。
f0049672_11393461.jpg



金色の小鳥と秋の実物のリースです。
リースにモスがついた小枝をとりつけ、小鳥をとまらせています。
f0049672_11394912.jpg



赤づるに大きなどんぐり、ちいさなどんぐり、
一年かけて茶色に変色した山帰来や野ばらの実
50センチの大きいなリースです。
f0049672_1140182.jpg

小鳥ばかりくっつけて・・・と思われそうですが、これはお客様からリクエストです。
「リースはおまかせしますが、小鳥は2匹つけておいてください」

しかし、私自身この小鳥だけは本当にはまっているので今店内のいろんな場所に
とまっています。
by oakleaf_kyodo | 2006-09-26 12:30 | リース | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(本日のウェディング)

今日の花嫁さんはほっそりと小柄で大きな瞳の繊細な感じの方でした。
お色直しにお召しになるスレンダーなワンピースドレスにあわせて小ぶりのブーケがご希望で
お花はおまかせ・・・。
なんとなく儚げででも意思のあるイメージ・・・
ミニバラの「モネ」を選ばせていただくことにしました。
モネのかわいらしさを引き出してくれる相手には市川さんの「ジーノピンク」を。

f0049672_1354445.jpg


「バラ(ジーノピンク、モネ、アンジェリーヌ)
 シンフォリカルフォス、ワックスフラワー、ケリア」
シンフォリカルフォスをコイルワイヤーにとおしてブーケにかけ、下げました。
by oakleaf_kyodo | 2006-09-25 13:29 | wedding | Trackback | Comments(3)

オークリーフ(イタリアンコーンとイタリアンベリーのブリキのアレンジメント)

ご友人の秋の作陶展におくるアレンジメントです。
「素朴でがっしりした中にほのかに女らしさが漂う作品に合うのは花より実を・・」
とのヒントを頂いて、作品が見られるブログを教えていただきました。
見るとどの作品も女性ならではの生活観、使い勝手のよさが感じられました。
なるほど。。。季節柄実もののアレンジメントはベストです。
イタリアンベリーを気に入っていただいていたので、そこにはなにかポイントを・・・・・・
たまたま仕入れていた直径10センチほどもある大きなイタリアンコーンをいれてみることにしました。まるで、主のよう・・・・
イタリアンベリーを足元にからめて、ちいさなりんごをアクセントに。
f0049672_16215424.jpg

by oakleaf_kyodo | 2006-09-23 16:49 | アレンジメント | Trackback | Comments(0)

オークリーフ花の教室(四方見、秋のナチュラルアレンジメント)

木曜日。森さんの作品。
シダの葉(シースター)に思い切って高低をつけその中にバラ・レッドスターなどを赤系の花をアレンジしています。
花と花の空間をうまく捉えられていますね。
f0049672_15301910.jpg



金曜日。中野さんの作品。
すこしピンクに色づいた秋色紫陽花をポイントにバラ・ピューレ、千日紅などあしらいました。
忙しい毎日の中でも、見ていてほっとするようなアレンジメントですね。
f0049672_1582054.jpg



土曜日。阿部さんの作品。
大輪の白いバラ・アヴァランチェを美しく見せるためのシンプルなアレンジメントです。
3種の実物をうまく使い合わせています。
f0049672_1526918.jpg

by oakleaf_kyodo | 2006-09-23 15:33 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(ソフトピンクカラー)

少し微妙な色合いのピンクはみんなが好きな色。
時々欲しくなるやさしい色ですね。


パステル画みたいなコスモス。
f0049672_1755529.jpg


紅葉したみなずき。
f0049672_17555973.jpg


千日紅。
f0049672_1756626.jpg


こんぺいとうみたい。そばの花。
f0049672_17561359.jpg


この時期にぴったりなのかも。。スプレーバラ・ピューレ
f0049672_17562060.jpg

by oakleaf_kyodo | 2006-09-22 18:03 | お店の花 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(お祝いスタンド装花)

f0049672_13464543.jpg
開店のお祝いスタンド花こそ季節感を大事にしたいと思います。
そしてスタンド花なら数多く届くと思われる花の中でも目立つ花材、大ぶりの装花。
花屋になって過去数え切れないほどのスタンド装花を作ってまいりましたが、
見栄えのする花材といえば百合のカサブランカだと思います。
そして、アレンジメントの大きさを出せる枝もの。
きれいなバラなど遠くから見ると‘点’にみえてしまいますね。残念ながら。
今回は鈴バラとビバーナム・コンパクタの赤い実、シンフォリカルフォスの白い実、
大輪白バラのアバランチェとオレンジ色のエキサイティング、オレンジブラウン色のカラー、
そして、紅葉の始まったばかりの木苺の枝で
「紅白」をテーマに作らせていただきました。
by oakleaf_kyodo | 2006-09-21 13:31 | アレンジメント | Trackback | Comments(3)