ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

<   2006年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

オークリーフ(アジサイを入れたアレンジメント)

f0049672_93938.jpg

佐瀬農園さんのトルコキキョウ(貴公子)
青木農園さんのアジサイ
市川バラ園さんのローランB

たまたま揃っていたこれらの生産者さんのお花。
自分では初めての取り合わせで新鮮な気持ちでつくらせていただきました。
フルートが好きなお父様の快気お祝いのお花です。
by oakleaf_kyodo | 2006-06-30 09:13 | アレンジメント | Trackback | Comments(6)

オークリーフ花の教室(バラ・ファンゴを使ったお教室)

f0049672_15114653.jpg
f0049672_15115564.jpg
f0049672_151262.jpg

この日は(もう10日経ってしまいましたが・・)前にブログでもご紹介させていただいた市川バラ園さんのファンゴが入荷していて、その丸い花型を生かしてナチュラルなラウンドスタイルでお教室をすることにしました。こうして並べてみると、微妙に違うのがわかりましでしょうか。
瀬谷さん、落合さん、そまきさん。さてご自分の作品がどれか当ててください!
どれも、みな素敵ですね。
by oakleaf_kyodo | 2006-06-28 16:27 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ花の教室(森さんの作品)

f0049672_10352443.jpg

6月にふさわしい名前のバラ「ジューンブライド」を中心にソフトピンクカラーでまとめた森さんの作品です。柔らかい色調の花でも森さんが活けるとやっぱりどこかモダンな感じになるな・・・と思います。‘○○さんらしい生け方’というのはほんとうに大事ですね。
by oakleaf_kyodo | 2006-06-27 10:44 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(紫色や緑色の花がたまらなく好きです。)

f0049672_13472143.jpg
f0049672_13472933.jpg
f0049672_13473698.jpg

上からアジサイ・西安、るりやなぎ、熱帯睡蓮。
店頭に色づきはじめたブルーベリーもあるので、紫とうす緑色が一緒になってとてもきれいです。るりやなぎは大好きな花のひとつで、花期も長く丈夫で育てやすくある程度の日陰にも耐えてくれる美しい色の花です。
by oakleaf_kyodo | 2006-06-26 13:57 | お店の花 | Trackback | Comments(4)

オークリーフ(青木さんのアジサイ)

f0049672_152573.jpg
f0049672_15251537.jpg

青木さんという生産者さんのアジサイです。
これはヨーロッパのハイドランジャを仕入れ、白い花を上手に素枯れさせたのでしょうね(きっと)。大変手間の要る作業だろうと思います。こういう花を作ろうとする人は花が好きということ以外に時代に敏感ででないといけないでしょうね。いつも思うのですが野菜ではなく花を作ろうと思う人はかなりロマンチストさんなんでしょうね。
必ずきれいに咲くとは限らないわけですから・・・。
by oakleaf_kyodo | 2006-06-22 15:40 | 花束 | Trackback | Comments(10)

オークリーフ(さりげない花束)

f0049672_16461567.jpg

得意先の女性の方が今日退職されるので小さめの花束を・・・そんなご希望で作らせていただいた花束です。
男性からプレゼントされるならなんとなく優しい花、さりげない感じの花束・・・。
by oakleaf_kyodo | 2006-06-19 16:53 | 花束 | Trackback | Comments(4)

オークリーフ(ファンゴいっぱい!)

f0049672_1337214.jpg

先日仕入れた市川ばら園さんのバラ・ファンゴが忘れられず、今度はスプレー咲きタイプを見つけてしまい思わず購入!目の前にふっくらとしたファンゴがいっぱいです!
by oakleaf_kyodo | 2006-06-16 13:37 | お店の花 | Trackback | Comments(8)

オークリーフ花の教室(望月さん(上)と中野さん(下)の作品)

f0049672_1548455.jpg
f0049672_15485390.jpg

フラワーアレンジメントを作る時にグルーピングといって、同じ花材をある程度まとめて挿すことでその花材をより強調させる手法があります。ヨーロッパではこれをもっと厳格な形で表現するので緊張感がありデザイン性は高いのですがその反面硬く窮屈な感じも残ります。ただし花材によってはほどほどにグループ分けされたものは安定感があり美しいものです。この二つのアレンジメントはその‘ほどほどのグルーピング’の手法を用いて作られたものです。一つはブルーベリーの枝をそのまま生かして横に挿したことから左から右方向へグループ分けされ、もう一つはひまわり(テディベア)をまとめて挿したことから全体が適度にグループ分けされました。
by oakleaf_kyodo | 2006-06-15 18:16 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(水色のものが好きです。)

f0049672_12194110.jpg
f0049672_12195077.jpg
f0049672_12201025.jpg

水色は6月をいイメージするのにぴったりの色です。もともとこの色は特に好きな色のひとつですがこの季節にあわせてふうりんや小さなグラスも揃えてみました。                   水色=見ているだけで優しい気持ちになる色。
by oakleaf_kyodo | 2006-06-14 12:41 | goods | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(咲いたファンゴ)

f0049672_15562022.jpg
少し前にご紹介しました市川バラ園さんのバラ・ファンゴですが、その後開いた写真を撮りおきしてましたのでどうぞご覧くださいませ。ますますおいしそう?でした。
by oakleaf_kyodo | 2006-06-13 16:07 | お店の花 | Trackback | Comments(2)