ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

<   2006年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

オークリーフ(水色のアジサイのブーケ)

f0049672_1434122.jpg

庭のアジサイが色づいてくると、アジサイ好きとしては無性に「鎌倉に行きたい」と思い始めてしまいます。アジサイ寺へ行くいうより鎌倉の町の雰囲気も好きですし、海に近いのもいいですよね。必ず立ち寄りたい喫茶店もあります。・・・と、話は変わりまして・・・
これは2年前に作らせていただいた2次会用のアジサイのブーケです。丁度今くらいの時期だったかと思いますが、水色の花だけで小さめのブーケを・・・とのオーダーでした。これはもう(時期的にも)迷わずアジサイだ!と、水色のアジサイにデルフィにウムを2種混ぜて、ただそれだけでつくらせていただきました。バックリボンは見えませんがもちろん水色です。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-31 14:51 | wedding | Trackback | Comments(0)

オークリーフ花の教室(高橋さん「上」と森さん「下」の作品)

f0049672_1542033.jpg
f0049672_1552163.jpg

先日はじめて森さんと高橋さんが教室で一緒になってお二人向かい合わせで生けられたところ・・・自由な発想で花を生ける森さんに影響されて高橋さんの作品も伸びやかでモダンな雰囲気に仕上がりました。高橋さんはとても素直なので、視界に入る森さんのリズムにのってしまって、いつもとは一味違う生け方をされたような気がしました。人と花の効果って不思議ですね。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-30 15:31 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)

オークリーフ(咲いたオンディーナ)

f0049672_1252365.jpg

国内で作られたバラだからか、和を感じる色です。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-25 12:54 | my garden | Trackback | Comments(4)

オークリーフ(里親となったバラの鉢・オンディーナ)

f0049672_11144227.jpg

花は生き物ですから、よいことばかりでなく失敗もあります。お客様にご迷惑をかけ、こんな私でも落ち込むこともあります。しかし逆に思わぬ朗報や、心配をよそにいい結果が訪れたり・・・なんでもそうですよね。いいこともわるいことも背中合わせでやってきます。
きのうはあるバラ好きのお客様が、「ねえ、へんなこときくんだけど、バラのオンディーナって好きじゃなかった?」 もちろん大好きで、根つきのものは入手しにくいので花もちがあまりよくないのも承知でときどき切花で仕入れ、店で飾って終わってしまうこともある品種なのですが、お客様いわく昨年の西部ドームの展覧会で偶然みつけ買ったのですが、すでにイングリッシュローズやオールドローズなどたくさんの鉢をお持ちでそれが年々大きくなっていき、だんだん手におえなくなるのでこの春に本当に好きな品種だけ育てることにして、そうでないものたちもその品種を好きな方に里親として引き取ってもらっているとの事で、そのひとつのオンディーナが私の元にきてくれた・・というわけです。蕾も5,6個ついてて立派な鉢で、もうほんとうに嬉しい出来事でした。昨日はそのほかに焼きたてのさつま芋。あけぼののおいしいお菓子・・。
少し落ち込んでいた私へお客様たちが元気をくださった3つのプレゼントでした。 幸せです。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-23 11:44 | my garden | Trackback | Comments(5)

オークリーフ花の教室(望月さんの作品)

f0049672_1130189.jpg

望月さんは私と同じ年のお子さんをお持ちなので、教室のときの話題もつい子供のことに・・・。
そんなことで先日のお教室の際にはじめて?花の好みについて伺ったところ、じつはいろんな色がお好きでブログで見たほかの方の作品の中では森さんの(ちょっと生け花風、モダンなかんじの)作品がお気に入りだという話題になりました。今まではお子さんが女の子ということもあって、ガーリッシュな感じの色合いをセレクトさせていただいていましたが、これからはいろんなイメージの花のとりあわせでレッスンしたいな、とおもっています。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-20 11:58 | 花の教室 | Trackback | Comments(4)

オークリーフ(白いアジサイ・ポージーブーケグレイス)

f0049672_12141779.jpg

花屋では6月のアジサイの季節を前に、きれいなアジサイの花が店頭を彩ります。
今年の母の日はグリーンが紅く色変わりするファーストグリーンと、水色がグリーンそしてワインへと3回変わるカメレオンアジサイ、そしてこの真っ白なポージーブーケグレイスをお勧めしました。ポージーブーケグレイスは花びらの先がとがっていて金平糖のようで半八重咲きの真っ白な色が本当にきれいです。こんなきれいなアジサイがあるんだな・・・と思わず買ってしまったアジサイの花です。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-18 12:30 | お店の花 | Trackback | Comments(2)

オークリーフ(フランス刺繍展示会のアレンジメント)

f0049672_11184616.jpg

これはフランス刺繍(布地に)の展示会にお持ちいただいたアレンジメントです。
フランス刺繍がどんなものかわからなかった私は、ご依頼主様にお願いして事前にそのお写真を見せていただきました。お母様がご指導されていらっしゃるというその作品は暖色系が多く、色合いが明るくきれいで、刺繍が丁寧にされておりとても美しいものでした。
どんなお花がよいのかはその写真だけが頼りで、朝の市場に写真をもって行きお花と照らし合わせながらイメージを膨らませて選んでゆきました。これは絶対ポイントに・・・と思っていたバラのベビーロマンチカを見つけて、あとはフランスの田園に咲く花のイメージで色を合わせてゆきました。作品展などに花を置く場合はとくにその作品に合う花でなくてはなりませんが、主張しすぎない事も大切に考えています。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-17 11:19 | アレンジメント | Trackback | Comments(6)

オークリーフ花の教室(落合さんの作品)

f0049672_17181669.jpg

落合さんはまだ数回のレッスンですが絵を描くのが趣味ということもあって、早くも花のバランスのとり方のコツをつかんでいらっしゃるようです。ばらのフェデネージュは茎も曲がって花の付き方も不揃い(そこがいいのですが。)なのでアレンジメントとしては生けやすいばらとはいえませんがその自然な姿をありのまま捉えられて、実にナチュラルにまとめていらっしゃるとおもいます。まさに絵を描くように・・・なのでしょうかね。どのお花も無理がなくアレンジされていて誰が見てもほっとするようなお花です。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-16 18:28 | 花の教室 | Trackback | Comments(2)

オークリーフ(バラ・ダイヤモンドグレー)

f0049672_11224896.jpg
紫系のバラの中でも特に気に入っているのがこのダイヤモンドグレーです。
蕾は固く小さくやや緑がかったベージュ色なのですが、開くとびっくりするほど大きくてとても美しい花色になります。昨年の母の日にもおすすめしてみたら、意外に反応があって、とても喜ばれたのを覚えています。きれいな花の力って大きいな・・・と実感させられる花のひとつです。
花屋っていうのは、こんなきれいな色の花があるんだってことを、みんなに知らせ伝える仕事なんだな、と思います。ちなみにこのバラは香りもいいんです。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-07 11:33 | お店の花 | Trackback | Comments(8)

オークリーフ花の教室(そまきさんの作品)

f0049672_1774591.jpg
そまきさんは月に1回のペースで2年と少しが経ちます。小さなかわいい(やんちゃな)お子さん2人のママで、お教室の無いときもお子さんと一緒にお花を買いにきてくださっているので、そまきさん好みのお花を私はよく知っており、そうするとついシックな紫系を選んでしまいます。お買い上げいただくお花もだいたい同じなので時には思い切ってピンク色なども選ばせていただきますがそれはごく稀な事です。そまきさんと言えば紫色!みたいな方程式が私の中で出来てしまっていてそまきさんのお教室の週はやはり紫系の花が多いように思います。
by oakleaf_kyodo | 2006-05-02 18:01 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)