ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ花の教室(清水さん(上)と星野さん(下)の作品)

今日はまずお教室の花から

まずは清水さんの作品
f0049672_17265092.jpg

そして星野さんの作品
f0049672_1727560.jpg


クリスマスまであと少しなので
コキアやアメリカンホーリーに合わせて活けていただきたかったのが
このところ毎回仕入れている黒いカラー・ダークレディーと市川さんのオードリー
しかし、今日のオードリーはやけに小ぶりでよく見ると茎も細く曲がりくねって
まだ数回目のレッスンには活けにくくて不向きだったかな・・と
悪戦苦闘のお二人に申し訳ないような気持ちで見ておりましたが
仕上がりはそれぞれに良いな素敵だな、と思います。

それにしてもこのオードリー
小さくて儚げでなんだかいつもと様子が違うので
もう一度伝票を確認するとなんとオードリー2と記載されています
市川バラ園に問い合わせたところ
「オードリー2はオードリーとはまったく違うもので市場にはまだほとんど出ていない品種です」とのことでした!
小さいけれどぐっと雰囲気のあるバラですね


市川さん恐るべし。。。
by oakleaf_kyodo | 2007-12-19 17:42 | 花の教室 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://oakleaf.exblog.jp/tb/7093852
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ありちゃんのママ at 2007-12-19 18:47 x
今日もご指導ありがとうございました。オードリー2は、茎が細いことも挿しにくい理由の1つでしたが、それより前に、カラーやコキアを何度も挿し直していたので、オアシスに穴がいっぱい空いていて、それが更なる苦戦の原因となっていました(汗) アメリカンホーリーの葉も痛いし。あの時「いたっ!」と何度も言いながら、心の中で ♪きれいな花にはトゲがある♪ という、ピンクレディーの曲の一節を歌っていたのは私です。 (ちなみに聞かれそうなので、先に答えておくと、その曲は『逃げろ お嬢さん』という曲で、『ウォンテッド』のB面です。B面というところに時代を感じますよね~)

ところで、一番最後に挿していた葉は、なんという素材でしょうか??

Commented by oakleaf_kyodo at 2007-12-20 15:30
ありちゃんのママ様。その枝はアカシアです。昨日はなにやらお疲れ様でした。しかしそんな曲を心で口ずさんでいたなんて!活けている間ずっと「痛いっ。ちがう!こうじゃない!」とつぶやく姿がまるで子供みたいで(真剣なのにごめんなさい)なんだかふふっと笑ってしまいました~
私も「どうしてもオードリーを」と思ってしまったところが逆にお二人を大変にさせてしまいまししたね、気をつけまーす。
それにしてももうすっかりバラに魅了されてしまっていますね!
<< オークリーフ(そろそろ葉牡丹) オークリーフ(クリスマスアレン... >>