ブログトップ | ログイン

Oak leaf

oakleaf.exblog.jp

オークリーフ花の教室(望月さん(上)と中野さん(下)の作品)

f0049672_1548455.jpg
f0049672_15485390.jpg

フラワーアレンジメントを作る時にグルーピングといって、同じ花材をある程度まとめて挿すことでその花材をより強調させる手法があります。ヨーロッパではこれをもっと厳格な形で表現するので緊張感がありデザイン性は高いのですがその反面硬く窮屈な感じも残ります。ただし花材によってはほどほどにグループ分けされたものは安定感があり美しいものです。この二つのアレンジメントはその‘ほどほどのグルーピング’の手法を用いて作られたものです。一つはブルーベリーの枝をそのまま生かして横に挿したことから左から右方向へグループ分けされ、もう一つはひまわり(テディベア)をまとめて挿したことから全体が適度にグループ分けされました。
by oakleaf_kyodo | 2006-06-15 18:16 | 花の教室 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://oakleaf.exblog.jp/tb/2519048
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
<< オークリーフ(ファンゴいっぱい!) オークリーフ(水色のものが好き... >>